司建築工房 四日市|外断熱を使用した木の家・新築

TSUKASA ARCHITECTURE WORKSHOP

VOICE お客様の声

月を愛でる家

桧や杉などの無垢材を使った木の家、外断熱工法の家に憧れて、、、

庭で家庭菜園ができて、自然にも優しい木の家が建てたい、、、という想いを胸に職場の先輩の
紹介で司建築工房に初めて足を運んだのは、平成28年の1月でした。その時、後藤さんの家に
対する想いやこだわりを聞いた私達夫婦は、無垢材を使った木の家や外断熱工法の家に惹かれ
すぐに「司建築工房で家を建てたい。」という気持ちになりました。
しかし、土地探しから始めた私達は立地条件、土地面積、価格等で満足のできる土地が中々
見つかりませんでした。その時から後藤さんは候補地が見つかるとわざわざその土地を見に
行っていただき、その土地の日照条件や建物以外で掛かってくる費用の事など、、建築のプロ
の視点で親切にアドバイスしていただきました。
土地を探し始めて2年半が経ち、、、ようやく納得のいく土地が見つかり、後藤さんからも
「今まで見てきた中で一番いい土地ですね。」といわれ購入を決意しました。
ここからようやく家創りのスタートです。
まずは、間取りを決めるために、家でこういうことがしたいという要望書を書くと共に当時
住んでいたアパートの荷物や家電の量や大きさも考慮に入れて間取りを作成して頂きました。
家で寛ぎながら東の夜空に昇る満月を眺めたいなぁ、、、という何気ない想いを聞いて頂き、
「月を愛でる家」になりました。

 

家を建てるところを常に見ていてくれた隣の家のおじさんもべた褒めでした、、、笑

工事請負契約を交わし、着工後もキッチンなど住宅設備から玄関扉やサッシの色、外壁の色、
クロスなどなど、、、標準仕様がないので沢山の事を決めていかなければなりませんでした
が、その都度、後藤さんがアドバイスして頂きました。
後藤さんは施主に対しても思ったことは正直にいう方です。そして業者さんにはとても厳しい
方です、、、笑、、、でもそれが家の事、施主の事を一番に考えてくださる後藤さんの信念
だと思います。その優しくも厳しい眼差しは、家を建てるところを常に見ていてくれた隣の
家のおじさんもべた褒めでした、、、笑

 

建築中に感じた事は、木の多さです。家が完成してしまうと壁に隠れてしまい見えなくなり
ますが、至る所に沢山の無垢材が使われていて想像以上でした。この沢山の木が調湿して
くれているのだと改めて感じました。
現在住み始めて3ヵ月程ですが、その期間に、夏がありました。外は35℃を超える猛暑の日
が続きましたが、家の中はリビングにある小さなエアコンを27℃に設定して24時間運転。
これだけで外の暑さが嘘のように快適でした。外断熱工法のおかげだと思います。また、
外断熱工法のおかげ?で室内の音がお風呂のように響きますが、歌が少し上手くなった気分
になり、子供と歌うことが増えました、、、笑
これから家族4人でこの家で四季を楽しんでいきたいと思っています。
後藤さん、今後ともよろしくお願いします。