ミニマルコンパクト

無理をしない家作りミニマルコンパクトとは・・・

ミニマルコンパクト家を建てる・・・

もしあなたが家を建てようと思い立ったとき、何を一番に考えますか?

間取りですか?性能ですか?予算ですか?

今日本の住宅建築は、概念が習慣化し、誰もが同じものを求めてしまう、傾向になってきています。

建坪は45坪、広いリビングと10畳の寝室、6畳の子供部屋が二つ大きなウオークインクローゼットにトイレが二つ・・・

はたして、これは必要不可欠なものなのでしょうか?
ここで、原点に返りゼロから家作りを考えましょう!

建築予算について

不況だ!不況だ!という言葉ばかり聞かれる昨今です。
日本の経済情勢は、過去のように右肩上がりに上昇というわけには行かないでしょう。

つまり、今後日本人の収入は大きくは上がらないと思われます。
そんな中で、大きなお金が必要な家作り・・・お値打ちにしたいですよね。

坪2?万8千円で建築できるメーカーさんで45坪の家を建てる!
というお客様には、 あまり理解していただけないかもしれません。

しかし、家作りにデザインやこだわりを取り入れた家を建てたい!
性能を重視した、高耐久住宅を建てたい!
というお客様はどうしても費用が増加 してしまいます。

そんなこだわり住宅を建てるとき、総建築費を坪60万として45坪の家だと仮定すると、2700万円、土地から購入の場合4000万円近くかかってしまいます。

住宅ローンを組んだとしても、支払でいっぱいいっぱいになり、ゆとりのある人生なんて遅れませんよね。

ではどうしましょう??

そうです。冒頭に書いたとおり、家作りの原点に返り、ゼロから考えるのです。

ミニマルコンパクト

まず、既成概念を取り除いてください!
本当に建坪45も必要ですか?
4人家族が集うリビングは20畳も必要ですか?
寝室は10畳も必要ですか?

私は部屋の広さと、心のゆとりが比例するとは思いません!
あなたが子供の頃を思い出してください、、
与えられた空間をいかにうまく活用できるか?
それを考え出すのが楽しくなかったですか?

建坪25坪でも30坪でも十分にゆったり生活できる空間を作ることは可能なんです。
その空間設計のお手伝いをさせていただきます。
ちなみに、総建築費60万として30坪で1800万円です。
土地からの購入でも、2000万円台で建築可能なのです。

これなら、住宅ローンに苦しむことも少なくなると思います。
ゆとりのある、シンプルライフはじめませんか?