次世代ソーラーシステム「そよ風」

次世代ソーラーシステム「そよ風」夏冬問わず、住宅の屋根面の表面温度は、かなり高温になるものです。一般の住宅の場合、夏はこの屋根温度が室内の暑さに大きく影響します。

ではこの熱源を住宅に利用できないものか?という思いから考案された空気集熱式ソーラーシステムがOMソーラーなどで良く知られるパッシブソーラーシステム「そよ風」です。

このシステムは冬は、屋根面で熱くなった太陽熱を床下に送り込み基礎コンクリートを暖め、床吹き出し口から、暖気を室内へ送ります。

コンクリートに蓄えられた熱がゆっくりと床面から室内へ伝わるためトイレや浴室を始め、家全体をじんわりと暖かくすることができます。

夏になると屋根面で熱せられた空気を屋根部分で排出し、室内は通気循環運転をすることにより、温度上昇を抑えることができます。

次世代ソーラーシステム「そよ風」

夏の夜間は昼の間に熱せられた屋根面が夜間の放射冷却で冷える事を利用して冷気を、室内に取り込むことができます。

もちろん、建物がたつ敷地に応じて、太陽の角度や風の流れを考慮した設計がなされなければ、効果は得られません。

司建築工房では、敷地の条件を最大限に把握しその敷地に適した計画を、もっとも重視しております。

自然のチカラをうまく住まいに取り込み、
心地よい空間を創ること・・・

それがソーラーシステム「そよ風」です。

次世代ソーラーシステム「そよ風」についてもっと知りたい方へ
    次世代ソーラーシステム「そよ風」はこれまでの空気集熱式ソーラーシステムのノウハウが全て凝縮された、無駄のない簡潔なシステムです。司建築工房は「そよ風ネットワーク」に加盟し更なる快適住宅の普及に努めてまいります。
環境創機株式会社