築40年の日本家屋を全面リノベーション  終の棲家を作りました。

今回ご依頼いただいたお客様は、築40年の日本家屋にお住まいです。

築40年経過するお家は、間取りもの使いかっても悪く、土壁ならではの、隙間風や風通しの悪さから生じる湿気などで、

床下なども傷んでいる様子でした。

お客様のご要望は、桧や杉の自然素材を使った健康住宅であること、夏涼しく、冬は暖かな風通しの良い「いい家」が欲しいとのことでした。

屋根部分を残し後は全面リノベーション、バリアフリーも考え水回りも一新しました。

建坪20坪の小ささを考え、屋根裏部分は全面ロフトに変更。収納力も倍増しました。

終の棲家にもなるロフト付き1LDKにして断熱性能を大幅向上

和のテイストを残した快適な空間が出来ました。