安心の保証体制

ご家族の末永い安心を支える保険制度

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。

司建築工房では国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人、財団法人住宅保証機構の「まもり住まい保険」をご提案しております。保険内容の詳細につきましては下記ホームページからご覧いただけます。

司建築工房が作る家は、全て財団法人住宅保証機構による10年間の保証住宅になります。

確認申請提出時から完成まで、地盤調査の審査、図面の審査、現場審査(2回)を行い、完成時に保証書が発行されます。

住宅品質確保促進法で定められた構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲に事故が起きた場合。保険金が支払われます。万が一のときにも安心して、保証を得られます。

また、外断熱住宅は工事中、完成時の2回気密調査を行い、確実な高気密高断熱住宅を作ります。

財団法人住宅保証機構
財団法人住宅保証機構財団法人住宅保証機構ホームページ ≫≫≫
「まもり住まい保険について」
  • 家づくりの流れ
  • 安心の保証体制